韓国料理の代表の焼き肉の食べ方

韓国料理の中では、焼き肉が一番有名だと思いますが、その食べ方も独特なも・・・

韓国料理の代表の焼き肉の食べ方

韓国料理の代表の焼き肉の食べ方 韓国料理の中では、焼き肉が一番有名だと思いますが、その食べ方も独特なものがあります。焼き肉ですから肉は焼きますが、日本のように焼いてタレをつけて、ご飯とは別々に食べるという方法ではありません。日本でいうと、ちょうど家庭で食べる手巻き寿司がありますが、あんな感じです。手巻き寿司では、海苔と酢飯と刺し身などを用意して自分で巻いて食べますが、それと似ていて、サンチュという日本で言うサニーレタスや、ゴマの葉っぱなどを、海苔の代わりにして巻きます。巻くというよりも包む感じですが、その中に焼肉やコチジャンやご飯などを入れてほうばるという感じです。コツはすべて口の中に押しこむことです。そうしないと見た目が悪いですし、こぼれてしまいます。

最初にそれを見た時は驚きましたが、韓国人の日常生活では、そのように包んで食べるのが好きなようで、他のものでもよく見ました。また焼き肉も牛肉ばかりではなく豚肉も使いますが、この豚肉とキムチが非常に相性がよく、健康にも良いのではないかと思いました。キムチは漬物なので乳酸菌などの胃腸にやさしい成分が含まれていますから、牛肉や豚肉などと一緒に食べてもさっぱりして良いのでしょう。これは日本の漬物ではできません。非常に美味しい料理が韓国の焼き肉です。

Copyright (C)2014韓国料理の代表の焼き肉の食べ方.All rights reserved.